原因の分析ではなく心を読み取る

マヤ暦やり初めて、自分の悪い癖がちょっと出てるなぁと感じる事があります。
人と話していて、なぜ?こんな態度なんだろう。腹立つなぁ。
いったい、どんな紋章なんだろう。あ~やっぱりね。
そうだと思った。だからそうなんかぁ~。

と、理解して、心が楽になる部分は確かにあります。

でも、イライラすることって誰にでもありますよね。
そんな時に、白いなんとかだから、こうなんだよ~、黄色いなんとかだから、こういうとこがあるんだよぉ~
と、分析してしまうんですよ。

イライラしてる時に、そんな事云われたら、余計に腹立ちませんか?
まるで、上から目線で、

「こうしたらいいのにぃ~」とわかった側と、わからない側に分けられる感じって

更に、火に油注ぐことになりかねませんよね。
実は、怒りをぶつけてもらったときに、初めて気づきました。
よく、感情だして怒ってくれました。

紋章の特性を知ってるからどうなるって訳では無い。

相手の立場にたって、気持ちを分かってあげること。
それ、うまくやれてなかったなぁ。
心の読み取りして、その時どんな気持ちだったんだろう?
一人ぼっちで、怒りのぶつけようもなく、
泣いただろう。悔しかっただろう。聴いてもらえたらホッとしたろうに、
ただ、そこにいてあげるだけで
何か空気が変わったかもしれない。


紋章に詳しくなり、知識がついてくると、
ポカっと、置いてけぼりしていた大切なものを、拾ってきました。
ご先祖さまに、ポカっと頭を殴られたのかもしれません。

怒りをぶつけてくれなかったら、不快な表情を読み取れなかったら
きっと、私は、こちら側とあちら側に分ける人のままだったろうな。
二度とその人との信頼関係が築けなかったかもしれない。

グサッとくる言葉、不快な出来事の中に
天からのお題があるのかもしれませんね。

ありがとうございます。

by ideaokaasann | 2014-05-30 23:35 | 小さなつぶやき

きららカフェは2013年12月24日(火)に嬉野町大字下宿乙385-1に移転オープンさせて頂きました(080)2725-0673 メアドはkirara.cafe159@gmail.com


by ideaokaasann