マヤ暦

IPS細胞の山中教授

夕べ、IPS細胞の山中教授が、NHKの仕事の流儀に出ていらっしゃいました。
55才。なんか気になるんですよね。かっこいい。
b0098228_08382826.jpg




「自分が何も知らないということを、知ってること・・所詮、私たちは浅はかで、答えやヒントの片りんは、全く予想外の場所、
関係ないと、私たちが思える所を、徹底的に研究することで、見えてくるのかもしれない」
というような事をおっしゃってました。

何人もの親しい人を、治せない病で亡くしていって
その度に「治せる」研究を誓うわけです。

マヤ暦の講座の中でも、
越川先生がときどき、
「山中教授は、とても不器用で、手術室に入ると、他のドクターから「じゃまなか」と言われるほどだった」
という、手術に向かなかったからこそ、研究という分野でIPS細胞でノーベル賞とるまでになられたという、苦労された話を聞かせてくださいます。

そんな山中教授は、
KIN49赤い月 黄色い太陽 10
奇跡のりんごの木村秋則さんと同じKINナンバーです。

「赤い月」は、使命に燃えると、とことん、人生をかけてでも、やる!という改革的なエネルギーがあります。
赤い月がのめりこむと、どんなに長い時間がかかっても、流れを変えます。

こうして、「のめりこむ」タイプの紋章は
他にも、白い魔法使い、青い嵐、黄色い種があります。
赤い月や、青い嵐は、特に浄化のエネルギーもあるので
ランナーさん多いです。昨日、来てくれた、同級生の真理ちゃんも青い嵐でした。
完全燃焼してこそ、次のエネルギーが入ってくるし、

走ったりすることで、リセット出来ることを、体のエネルギー的に知ってるんですよね。
山中教授は、東京マラソンにも出場されたりしますし、
1週間に50KMは走るそうです。私が、何か月かに1度月間200KM目指すときがありますが、
結構きつい。これを、山中教授は、日課として、年中やってるそうですから凄いですね。
あんなにほっそりされていて、貧弱そうですが、
ラグビーや柔道で鍛えた、バリバリの体育会系の形です。

愛妻弁当が映ってました。興味深くのぞいたら、
女子の可愛い弁当箱に、ささやかなおかず~~~~。え~~~~?毎日10KM走ってる人なのに
これで足りるの~~?
白ご飯に梅干し、たぶん、茶碗に軽く一膳くらいと、卵焼き、ウインナーっぽいの?、ピーマン炒め
くらいのおかずでした。


うわ~~。私、完璧に食べ過ぎだわ。

なんで、こんなに山中教授が気になるのかなl~~?と思ったら
彼は今、KIN104が回ってます。
私の鏡のセットです。

そうか~~~。かっこいいなぁ。
人知れず、こうしてマラソンやってる人ってかっこいいなぁ。





by ideaokaasann | 2017-09-12 08:51 | マヤ暦

きららカフェは2013年12月24日(火)に嬉野町大字下宿乙385-1に移転オープンさせて頂きました(080)2725-0673 メアドはkirara.cafe159@gmail.com


by ideaokaasann