五十回忌の法要と空飛ぶおじさん


5月14日の日曜日、今日、我が家は、主人のおじいちゃんの五十回忌法要でした。
去年から、計画して、お寺さんと日程を決めたり、誰を呼ぶのか?案内はがきを作って出したり、
食事会場の旅館さん押さえたり、引き出物、お茶菓子、鉢盛お寿司など、本家の仕事がありました。

昨日から、横浜の親戚が泊りに来ていたりしたので、お布団を干しておいたり


うちの食器棚は、こうして、お湯呑みだけでも、ざっと80個くらいあるでしょうか?
お姑さんの仕事関係で、以前から香蘭社の器が沢山あります。有田の焼き物です。美しい~。
新茶を煎れるのにとても良く合います。


b0098228_23111564.jpg
五十回忌の法要は、私が富永家に嫁いでから2回目です。
五十回忌とは、亡くなった日から50年を迎え、仏様から神様になられるお祝いの儀式なのだそうです。

親戚の中には、ときどき、トラブルメーカーのような方が居るもので。

見てると、その方のグラスにビールが無くなっても、誰も、お酌もしない。
誰も寄り付いてないんですよね。

私も、お酌に回って、やっと、自分の席で、食事を頂こうかとしましたが、
やはり、どうしても気になって、お酌しに行ってみました。

b0098228_23111743.jpg

そばで、「今日はお参り頂きましてありがとうございました」と
お話すると、嬉しそうに、いろいろ喋ってこられました。
あ~そうか。寂しいんだ。コミュニケーションの仕方が分からなくて
人にほったらかしにされる事で、怒りとか、目立つ事をして自分をアピールしたい方なのかもしれないなぁと感じました。

そのおじいさんは、数年前まで、馬で嬉野の街を散歩したり、さくらんぼの勉強に行く!と云っては、山形を目指し、軽トラで岡山まで運転したところで、疲れて帰ってきたこともありました。
また、手作りの空飛ぶプロペラ付きの道具で、実際に嬉野の空を飛んだりされてました。
ほんの60歳代くらいまでは。私も見せてもらいましたが、手作りで危なくないのぉ?
勝手に空飛んで、航空ルールとか警察とか大丈夫なの~~?
とびっくり人間です!

今は87歳で空は飛ばれませんが、家族も呆れて何も云えなかったみたいです。
本人の画像ではありませんが、
こういうのを、自分で作って、飛んでるような人なのです。凄くないですか?

b0098228_00013944.jpg
今もお元気で、元気を持てあましてるのか?

「俺の夢はね、自分の家を自分で作って建てる事なんよね~」
え~~?87歳で夢を語れるって素敵ですね~。まったく死ぬ気無しってところがいいですね~。
KIN40 黄色い太陽 黄色い太陽 音1
ですから。やれる人なのでしょう。


しかし、亡くなったあと五十回忌をしてもらえる人って、どれくらいいるのでしょうかね。
今、私たちの親が亡くなったとして、五十回忌なんて、やるとしたら、私たちは100才の時にやることになりますからね。
ちょっと無理なお話。

信心深い義父母だからこそ、ご先祖様を大事にしてくれてるのでしょう。

すごいなぁ。とばあちゃん達が企画した五十回忌でしたが、
徳を積ませてもらってる気がしました。ご先祖さまは喜んで下さってると思います。

確かに、家で供養事するのは、本当に大変でぐったりしましたけど、
こうして、なかなか合わない親戚同士が、顔を合わせるっていいですね。

最後に親戚の送迎した帰りにコンビニ寄ったら、
あまおうモンブラン!
ご褒美だと思って頂きました~!

b0098228_23111987.jpg


by ideaokaasann | 2017-05-15 00:19 | 小さなつぶやき

きららカフェは2013年12月24日(火)に嬉野町大字下宿乙385-1に移転オープンさせて頂きました(080)2725-0673 メアドはkirara.cafe159@gmail.com


by ideaokaasann