サイン付き百姓屋敷わらさんの新しい本

b0098228_22511027.jpg

12月4日までにきららカフェで、まとめて注文すれば、
船越康弘さんの直筆のサインを添えて、送っていただけます。


重ね煮、ジャパニーズオーガニックライフが作り出す
未来への素敵なヒントが詰まった本です。
ご希望の方は、きららカフェまでお申し込み下さい。

12月5日発売
「未来につなぐ わらごはん」
岡山・自然食料理宿がおくる
幸せなレシピとお話


第1章 未来をつくる、わらのごはん(玄米の基本、重ね煮の基本、重ね煮バリエーションレシピ、わらの基本食、デザート、ドレッシング、ソース、だしなど)
第2章 わらのごはんのセオリー(コラム)
第3章 わらという暮らし(コラム)

A5判 1995縁

きららカフェ
08027250673


百姓屋敷わらの船越康弘さんからお手紙と、
新しい本のご紹介がきました。


私が、何度も、食の勉強に行かせていただいた、岡山の山の奥の奥、
てっぺんの雲海の上の「人生を変える宿」です。
嬉野でも2回も講演会にきてくださったり、お料理教室にもみえてくださいました。
「和楽プロジェクト」の支援金ボトルは、
このわらさんの、息子さん達が、被災地に出向いた時、同じ年頃である女子校生が
「私たち、もう、子供も産めないよね、結婚もできないよね」とつぶやいた事に、
心が揺さぶられ、活動を始めたプロジェクトです。

体内被曝を解毒する食事や、被災地の方々が、また未来へ向けて暮らせるヒントになるような合宿の主催などもされています。
その、「百姓屋敷わら」さんの主、自然食料理人の船越康弘さんが、
3.11のあとに、出される新しい本です。


以下、お手紙の要点をまとめました。

**********

3.11の東北大震災と福島第一原発事故にふれ、
この困難を飛躍に、ピンチをチャンスに変える事が私たちの役目だと

そして、それは、私たちが大好きな事、得意な事、
料理することで気づいた暮らしのヒントや重ね煮が作る新しい未来へ向けてのエッセイと料理の基本をまとめさせていただきました。

「これがいい、あれはダメ」「これさえ食べれば治る」などの食理論や健康志向に振り回される事なく、生きることを支えている食を大事にし、日々を丁寧に生きる暮らしへ。
まずは、「人参さん、大根さん、ありがとう」と感謝し、極上の重ね煮を味わってみませんか。
新レシピを含む重ね煮レシピと、命の質の向上を目指した船越流自然食料理論が満載です。

******************
2013年2月10日(日)
癒しフェスタIN嬉野温泉
予約優先です。
ご予約受付中のブースのご案内(ほぼ毎日更新中)
http://ureshinoid.exblog.jp/19565815/
予約のいらないブースの紹介
http://ureshinoid.exblog.jp/19403430
by ideaokaasann | 2012-11-20 22:51 | 船越康弘さんと重ね煮

きららカフェは2013年12月24日(火)に嬉野町大字下宿乙385-1に移転オープンさせて頂きました(080)2725-0673 メアドはkirara.cafe159@gmail.com


by ideaokaasann